最近の記事
最近のコメント
ARCHIVES
<< やっぱり違ったんだ。 | main | 楽しい古事記 >>
Information
緊張の逆U字曲線
緊張の逆U字曲線。

緊張の逆U字曲線

人は、ある程度の緊張状態にある時ほど、高いパフォーマンスが出せる。
ぜ〜んぜん緊張してない状態だと、高いパフォーマンスは期待できない。
かといって、極端に緊張しすぎても、きびしい。

私は、面接対策講座なんかで、時々このお話しをする。

面接なんて、緊張してあたりまえ。
緊張しないようにしよう、なんて思わなくっていいんだよ。
だって緊張してる方が、いい結果に結びつくっていわれてるんだから。
当日緊張してきたら、

「 お、いい感じ、いい感じ。 丁度いい感じに緊張してきたぞ ♪ 」

って思えばいいよね。

緊張しすぎを防ぐには、事前準備すること。
まったく準備してなかったら、そりゃ必要以上に緊張しちゃうのも当たり前。
前日までに準備したなら、
当日緊張することを、自分に許しましょう。

なんて説明してる。

実はこれ、私がいつも自分に言い聞かせてること。

今日、とある私立高校で面接対策&マナー講座だったんだけど。
昨日の夜から緊張してなかなか寝付けず、
朝方は何回も目が覚めて、

120名位の学生さんの前に立った、その瞬間なんて!!!!
んものすごい緊張。

で、言い聞かすんです。
「緊張して当たり前。いいよ、いいのよ。」って。

緊張する場面に挑むのって、まさに自分自信に挑戦してる感じがするし、
そこから解放されたときには、ご褒美のような安堵感に包まれる。

準備不足で緊張しすぎてると、緊張というより恐怖よね。
逃げ出したくなるもん。
解放されたときには、安堵感より後悔ばっかりが押し寄せてくるしね。

さ。
明日はとある短大で、3時間のキャリア・セミナー。
緊張しすぎないように、最終準備に取り掛かりましょ。




と、ちょっといいカッコしすぎたかな。

実はセミナーの前には毎度毎度ある人に、
「緊張〜。やば〜い。」って泣き言メールをするんです。

「リラックス♪」 とか、「平常心」 なんて、
短い返事が返ってきてね。
それがまるでおまじないのような効果を発揮。

まったく・・・ 
でもそういうのも、いるのよね。 基本末っ子気質なもので。
0
    | ├研修・セミナー | 18:02 | comments(2) | pookmark |
    コメント
    さちぃさん。
    ふふふ。すごい緊張なんだけど、楽しいんですよね〜。
    好きってことなんでしょうね。
    | うりむ | 2008/06/02 9:45 AM |
    読んでるだけでドキドキしますね(^-^)
    3時間話し続ける それだけで 尊敬です
    | さちぃ | 2008/05/25 8:23 AM |
    コメントする